« ハイジャック: | トップページ | ガラパゴス現象 »

「わさび」

刺身や寿司、蕎麦に欠かせない薬味のワサビは、主役を引き立てる名脇役。

爽やかな香りとツーンと鼻から眉間に走る鮮烈な辛みがなんともいえません。

ワサビは、学名「Wasabia japonica」の名のとおり日本原産で、アブラナ科の多年生植物です。

すりおろして使う場所は、根茎(根と茎の間)の部分ですが、花や葉も食べられます。

3月~4月に茎が伸びて花を咲かせ、花ワサビとしてお店に出回ることもあります。

天ぷらやおひたしにすると美味しく食べられます。

ワサビの辛味は細胞内に含まれるシニグリンが、ミロシナーゼという酵素によって分解され、アリルイソチオシアネートという辛み成分ができるそうです。

辛みを出すためには、それぞれ別の細胞に含まれているシニグリンとミロシナーゼがよく混ざることが大切です。

それには、鮫皮が張られたおろし器具がおすすめです。

これは辛みを効果的に出すため、細かくすりおろせるように作られています。

ところで、ワサビは栽培できる条件が限定されるため希少で高価なものなので、

家庭用の粉ワサビやチューブ入りのワサビでは、原料として栽培しやすく安価なワサビダイコンが使われていたりもします。

気になる方は本ワサビと食べ比べてみては如何でしょうか?

(au【季節のコラム】より)

|

« ハイジャック: | トップページ | ガラパゴス現象 »

雑学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454216/11732496

この記事へのトラックバック一覧です: 「わさび」:

« ハイジャック: | トップページ | ガラパゴス現象 »