« 天使のささやき | トップページ | quit(辞める) »

漫画家 池田理代子の貧乏時代

こんばんは。ぷーすけです。

今日は、少し寒いですね。最近、天候が不順なので、風邪ひかないでね。

この間、テレビで、「ベルばら」で有名な漫画家、池田理代子のインタビュー番組をやっていました。

池田理代子さんと言えば、マリー・アントワネットのようにお金持ちで華麗な生活を送っていると思っている人も多いと思います。

彼女は、学生運動華やかりし学生時代、「学費は自分で稼ぐ」と言って、家出したそうです。

ある日、彼女は所持金が十円しかなくなり、その十円で、公衆電話から親に仕送りを頼もうか迷ったそうです。

でも、彼女は、もう少し頑張ろうと思い、10円玉で5円の駄菓子を二袋買って、三日間、食いツナイだそうです。

また、池田理代子は、一時期、更年期障害にかかりながらも、歌手になろうと、決心し、見事に音大に合格。

そして、51歳で、念願の歌手デビューを果たしました。

本当にスゴイ女性ですね。尊敬します。皆さんも頑張りましょう
それじゃあまたね

|

« 天使のささやき | トップページ | quit(辞める) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454216/21169370

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画家 池田理代子の貧乏時代:

« 天使のささやき | トップページ | quit(辞める) »