« 吾亦紅(われもこう) | トップページ | 転んだことのない人間 »

信号機の第1歩

世界最初の赤・青点滅の信号機が設置されたのは1968年のロンドン、ジョージ・ストリートとブリッジ・ストリートの交差点といわれている。

日本で信号機が最初に設置されたのは1919(大正8)、上野広小路。
「進め」と「止まれ」という文字による手動式のものだった。

電気による信号機が登場したのは1930年(昭和5)の日比谷交差点。

交差点の真中にあり、信号が四方に出る種類のものだった。

現在のようなクロノプラン式信号機が設置されたのは1933年(昭和8)、昭和通りと銀座通りが最初だ。

(ポケット雑学事典2より)

|

« 吾亦紅(われもこう) | トップページ | 転んだことのない人間 »

雑学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454216/20805388

この記事へのトラックバック一覧です: 信号機の第1歩:

« 吾亦紅(われもこう) | トップページ | 転んだことのない人間 »