« 心を打たれる思いやりのエピソード | トップページ | ゼロと「1」の間にある差 »

縁の下の鍬(くわ)使い

【縁の下の鍬(くわ)使い】

頭が上がらない例え。また、窮屈で自由に働けない事。

(類)九尺の間で二間(にけん)の槍を使う

(参考)
1厘=0.303mm
1分=10厘=0.303cm
1寸=10分=3.03cm
1尺=10寸=30.3cm
1丈=10尺=3.03m
1間=6尺=1.818m
1町=60間=109.09m
1里=36町=3927m

(メルマガ ことわざを覚えよう より)

|

« 心を打たれる思いやりのエピソード | トップページ | ゼロと「1」の間にある差 »

雑学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454216/26734036

この記事へのトラックバック一覧です: 縁の下の鍬(くわ)使い :

« 心を打たれる思いやりのエピソード | トップページ | ゼロと「1」の間にある差 »