スポーツ

最速報ニュース

中国を撃破し、金メダル!
レスリング女子55キロ級の吉田沙保里選手
二連覇達成

(メルマガ 最速報ニュース@iより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最速報ニュース

北京五輪、柔道男子100キロ級でメダルを逃した鈴木桂治
「やり残したことはない。もう一度畳に上がっても投げられる」と現役引退を示唆

(メルマガ 最速報ニュース@iより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンプ失敗巻き返す…真央、奮起の逆転V

 真央ちゃんが世界選手権で、奇跡の優勝を果たした。最初の3回転半ジャンプで、見事に転倒し、もはや優勝は不可能と思われたが、最後まで演技を続け、不屈の精神を見せた。そして、栄冠を手にした。真央ちゃん、本当におめでとう。あなたは、日本の誇りです。

 一方、安藤美姫には、最後まで演技を続けてほしかったです。途中棄権は、本当に良くないと思いました。安藤美姫には、ハングリー精神が欠けている。 

 読売新聞によると、「「浅田真央」だから、常にパーフェクトな演技を求める。「浅田真央」だから、常にパーフェクトな勝利を求められる。そのため自分自身、そして周囲の期待に応える内容ではなかったかも知れない。それでも浅田は、世界一という最高の結果を出してみせた。

 冒頭のトリプルアクセルの踏み切りで大きく転倒、ジャッジ席の壁の目前で何とか止まった。ジャンプの点数がゼロのうえ、転倒で1点を引かれるという正にマイナスからのスタート。「あんなこけ方したのは初めて。びっくりした」が、「逆に(ここから)頑張らなくちゃ」と奮起し、直後の3―3回転ジャンプ以降は大きなミスなく、点数を積み重ねた。

 「ジャンプの申し子」が、今季もそのジャンプに苦しんだ。得意技のトリプルアクセルも、きれいに成功したのは四大陸選手権のみ。しかし出場した6戦中、グランプリファイナル以外の5戦で優勝。表現力などジャンプ以外で力を入れてきた要素で総合力を高め、勝ち続けてきた。

 今年、アルトゥニアン・コーチから独り立ちした。今後のコーチに関しては未定というが、コーチ不在でも自らをコントロールし、世界選手権を制した底力は、天分というほかはない。

 今年は「すごくうれしい」と「悔しい」が入り混じった世界一だった。さらに強く、完璧な世界女王に――。「浅田真央」なら、きっとなれる。(宮崎薫)」という。Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【相撲】

Photo_7

○ 稽古は本場所のごとく、本場所は稽古のごとく。(双葉山/第35代横綱)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白鵬が、朝青龍破り6度目の優勝

Photo_7

 大相撲初場所千秋楽で、白鵬が、朝青龍破り6度目の優勝。

 朝日新聞によると、「大相撲初場所(国技館)千秋楽の27日、両者1敗で迎えた横綱同士の決戦は、白鵬が朝青龍を上手投げで破り、3場所連続6度目の優勝を果たした。

 1敗同士での横綱相星決戦は、95年夏場所の貴乃花―曙以来。

 大関陣は、カド番の琴欧洲が魁皇を寄り切り9勝目。琴光喜も関脇・安美錦を寄り切ってようやく勝ち越しを決めた。

 三賞は、白鵬に唯一の土をつけ、3大関を破った安馬が3度目、朝青龍と3大関を破った稀勢の里が2度目の殊勲賞。12勝を挙げた豪風が敢闘賞、11勝の鶴竜が技能賞を手にした。」という。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都道府県対抗男子駅伝、長野が2年ぶり4度目の優勝

  都道府県男子駅伝は、長野が2年ぶりに優勝した。

 読売新聞によると、「全国都道府県対抗男子駅伝は20日、広島市平和記念公園を発着点とする7区間、48キロのコースで行われ、長野が2時間21分6秒で2年ぶり4度目の優勝を果たした。

 2位は愛知、3位は兵庫。

 レースは冷たい雨の中で行われ、長野は3区の佐藤悠基が首位に立つと、その後も安定した走りを見せ、愛知の猛追を振り切った。」という。

(2008年1月20日15時18分 読売新聞)

Movie/Ekiden -駅伝 Movie/Ekiden -駅伝
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本高校サッカーで流経大柏が優勝!

  全日本高校サッカーで、千葉県の流経大柏が静岡県の藤枝東を4対0で下し全国制覇!千葉は、静岡を制し、名実ともにサッカー王国となった。オーマイ(大前)GOD!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国大学選手権ラグビーで早稲田が優勝!

 全国大学選手権ラグビーで早稲田が慶応を26対6で下し、優勝した!

 讀賣新聞によると、「ラグビーの第44回全国大学選手権決勝(読売新聞社後援)が12日、東京・国立競技場で行われ、早大が慶大を26―6で下し、2季ぶり14回目の優勝を果たした。

 早大は前半18分にナンバー8の豊田がトライを決めて先制。後半もFW戦で試合を優位に進めて3トライを奪うなど、慶大を圧倒した。

 両校は、日本選手権(23日開幕)への出場も決めている。」という。

(2008年1月12日15時52分 読売新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根駅伝、早稲田総合優勝ならず

 伝統の箱根駅伝で、早稲田は、9区で駒沢に逆転され、総合優勝を逃した。

 読売新聞によると、「第84回東京箱根間往復大学駅伝競走(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)は3日、神奈川県箱根町から東京・大手町の読売新聞社前までの復路5区間、109・9キロで行われ、往路2位の駒沢大が9区で逆転し、11時間5分0秒で3年ぶり6度目の総合優勝を飾った。

 往路トップの早大から1分14秒遅れでスタートした駒大は、6区でいったんは3分11秒差まで広げられた。しかし、8区・深津(2年)が区間賞の快走で15秒差まで詰め寄り、9区の堺(4年)も区間2位の走りを見せ、逆転でトップを奪取。アンカーの太田(3年)は、リードを守ったままゴールテープを切った。

 2分29秒差の2位に早大。中央学院大が過去最高の成績となる3位に入った。学連選抜は4位に入り、次回は予選会からの出場枠が1増えた。5位以下は亜大、山梨学院大、中大、帝京大、日大、東洋大となり、上位10位以内に与えられる次回大会の出場権(シード権)を確保した。

 終盤まで7位を走っていた東海大・荒川(4年)は、ゴール手前2キロで棄権した。」という。(2008年1月3日13時57分 読売新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決勝は39大会ぶりの早慶対決に(全国大学ラグビー)

 朝日新聞によると、「ラグビーの第44回全国大学選手権は2日、東京・国立競技場で準決勝第2試合があり、2年ぶりの優勝を目指す早大(関東対抗戦1位)が帝京大(関東対抗戦4位)を12―5で振り切り、7大会連続で決勝へ進んだ。

 12日の決勝は慶大(関東対抗戦3位)との顔合わせ。早慶が大学日本一をかけて対戦するのは、第5回大会決勝で引き分け両校優勝となって以来、39大会ぶり。

 早大は初の決勝進出を狙った帝京大を攻めあぐね2点リードで折り返し。後半、1トライを追加し何とか逃げ切った。」という。

| | コメント (0) | トラックバック (0)