文化・芸術

自国の文化

自国の文化を大切にしない者に国の未来を語る資格はない。

(ぷーすけ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

03/02芸能News

=-=-=-=-=-=-=
03/02芸能News
=-=-=-=-=-=-=

★ロンブー淳率いる「jealkb」の新曲が高校の校歌に

★東国原知事「母から死ねと言われた」…自伝小説ドラマ化

★いしだ壱成&川合千春、ペアリングで舞台あいさつ

★にしおかすみこ“打倒「ホームレス中学生」”…初エッセー集PR

★相葉一日消防署長、ロープが股間に食い込む

(03/02芸能Newsより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「チャップリン」

 チャップリンは生涯に4度結婚をしているが、相手はすべてティーンエイジャー。初恋は15歳の劇団の踊り子ヘティ。16歳の女優ミルドレッド・ハリス、16歳の女優・リタ・グレー、22歳の女優ポーレット・ゴダード、18歳の女優ウーナ・オニールと結婚してゆく(SUZULANDより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界遺産

ちょっと贅沢!欧州列車旅行 世界遺産の街・ヴェネチア探訪
©JIC
提供:@niftyコンテンツ

 私は世界遺産が大好きだ。歴史の勉強にもなるし、地理の勉強にもなる。また、美術の勉強にもなりますね。

 私は特にギリシャやローマの世界遺産に興味があります。

 老後には、ボケ防止のために世界遺産検定試験でも、受けようかと思っています。

 これまで、ディアゴスティーニの世界遺産のDVDシリーズを購入し、欠かさず見ています。もう少しで100巻になります。

 また、TBSやNHKの世界遺産シリーズもほとんど見ています。お金があれば、そちらのDVDも買いたいのですが。

 こんなに素晴らしい世界遺産を残しながら、何故、まだ戦争なんかするのでしょう。

 人類繁栄のためにも、後世に世界遺産を引き継がなければなりません。

 世界遺産じゃなくても、物を大切にしなきゃね。罰が当たります。

コンプリート[世界遺産]テーマ曲集 Music コンプリート[世界遺産]テーマ曲集

アーティスト:鳥山雄司
販売元:ソニーレコード
発売日:2004/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日比谷公園のビール祭り

 今日夜、職場の同僚と「日比谷公園のビール祭り」へ行った。仕事が一段落したので、たまたまインターネットのホームページを見ていた同僚に誘われ、日比谷公園まで歩いていった。どうせそんなに来ないであろうと、高を括っていたところ、日比谷公園は、サラリーマンとOLに占領されていた。

 アサヒビール主催のイベントであるが、こんなに混んでいるとは、思わなかった。まず、受付で、未成年でないという証明書を提示し、黄色いリストバンドを着けてもらい、それから、ビールを注文する列に並ぶ。アサヒというものの、スーパードライよりもレーベンブロイを注文する人が多かった。

 一杯500円のビールを注文するのに10分並び、席を確保するため、日比谷公園の噴水の周りをくるくる回り、やっと、30分後に、テーブル席に座れた。もちろん、相席だったけれど。特設のステージでは、ドイツの舞踊や歌を披露していた。時々周りの人たちとジョッキを片手に乾杯しながら、肩を組んだ。

 民族衣装を纏ったドイツ娘と大和撫子が写真撮影に応じてくれた。かなり盛り上がり、一緒に歌ったり、踊ったりした。こんなにテンションあがるなら、もっと仕事に活かせよと言いたかったが、自分も最近仕事では、ガス欠気味であることに気がついた。

 日比谷のサラリーマンやOLたちがこんなに楽しい連中だとは思わなかった。今夜は、外は涼しく、久しぶりに大声で騒ぎながら、楽しいひと時を過ごした。銀座のビアホールに行くより、格安で、開放的な気分に浸れる。明日、明後日もやっていますので、バカになりたい方は、是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【最期の言葉】 

○ もっと光を!(ゲーテ~小説家、詩人) 

○ 幕を引け、喜劇は終わった。(ラブレー~作家)

○ 板垣死すとも自由は死せず。(板垣退助~政治家) 

○ 旅に病んで 夢は枯野をかけめぐる(松尾芭蕉~俳人) 

○ 露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことは夢のまた夢(豊臣秀吉) 

○ いたずらに月日を送り 病におかされ 床の上にて死なん命の口惜しや(伊達政宗)

○ 石川や浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまじ(石川五右衛門)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンスフェスティバル

 今日、新国立劇場で、「第28回 現代舞踊フェスティバル」を見た。会場は、満員御礼で、立ち見まで出ていた。ものすごい人だかりで、私のブログを見て、行ってくれた人もいるみたいだ。

 内容的には、バレエとダンスがミックスしたような演技が多かった。ふざけた演出あり、エッチぽいものもあったが、中でも福島県の横山真理振り付けの「心の鎧」は、秀逸だった。

 緊張感と躍動感があり、久しぶりに現代バレエの虜になってしまった。ひとりひとりが真剣に踊っている姿は観客を魅了してやまない。最高の演技だった。演出効果もなかなかで、舞台衣装も洗練されていた。

 私は、学生時代にサークルの仲間と中野公会堂でダンスを踊ったことがあるが、大勢の人の前で踊るのは、かなり緊張するものである。友人がそれを見ていて、能面をかぶった男が踊っているようだったと言われたことがある。

 ただでさえ緊張する舞台なのに有名な新国立劇場で踊るのであるから、たいしたものである。私は、外国のクラシックバレエをたまに見に行くが、日本のモダンバレエもレベルが非常に高くなってきていると思った。見に行って本当に良かった。会場内は、写真撮影禁止だったので、踊っている写真は撮れませんでした。ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンスフェスティバルのお知らせ

 8月30日午後5時30分から新国立劇場(京王新線「初台駅」そば)で「第28回 現代舞踊フェスティバル~地方文化の華、一堂に競う」が開催される。

 全席自由で、4000円。ご興味のある方は、今すぐ「チケットぴあ」にGO!

 チョー可愛い子たちが集まるらしい。大和撫子たちの祭典!ご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)